【きれいが続く】お部屋の収納術アイデアを場所別に紹介!

 

お部屋に収納術アイデアを取り入れよう

 

この記事を読むための時間:3分

 

理想とするのは、すっきりとおしゃれな部屋での暮らしーー。そう思いながらも、すぐに散らかる部屋に頭を抱えていませんか?

 

部屋が散らかる原因のひとつは、収納をうまく活用できていないから。うまく収納できていると、使ったものを元に戻すのが楽になるため、部屋が散らからなくなるんです。

 

そこで、取り入れるだけで部屋の「きれい」が続く簡単な収納術アイデアを、「押入れ・クローゼット」「タンス・引き出し」「見せる収納」の3カ所に分けてご紹介します。あなたの部屋ならどんな収納術が役立つか、想像しながら読んでみてくださいね。

 

押入れ・クローゼット収納術

 

まずは、「収納といえばここ!」と言っても過言ではない、押入れやクローゼットの収納術です。物を完全に隠してしまえるので、クローゼットや押入れをうまく使えると部屋のすっきり感が格段に上がります。

 

空間の使い方を分割しよう

 

押入れやクローゼットは、やみくもに物を入れるのではなく、空間を分割して物を入れる事でより効率良く使えます。自分の好きな分け方で良いのですが、おすすめは「上・中・下」の3つに分けること。

 

取り出しにくい上の空間には使用頻度が低く軽い物を、下の空間には重い物やシーズンでない物などを収納しましょう。手に取りやすい中段の空間には、よく使う物を収納してください。クローゼットでいうと、ハンガーをかける場所ですね。

 

空間を分割しておくと、しまう時に迷わなくなり、どこに何があるのかの把握がしやすくなりますよ。

 

衣装収納は引き出し式がおすすめ

 

衣装を収納する時によく使われるのが衣装ケースではないでしょうか。衣装ケースは価格が安いうえにたくさん入るアイテムです。しかし、重ねて置いてしまいがち。1度中のものを取り出すと戻すのが面倒になって、部屋が散らかる原因になります。

 

このような出しにくい&戻しにくいフタ付きの収納は避け、サッと出し入れしやすい引き出し収納がおすすめです。衣装ケースは本当に使わない衣類のみなど最小限に留め、取り出す可能性がある物は引き出し収納にしてください。

 

吊り下げ収納で空間を有効活用

 

中段のハンガー収納は、ハンガーと一緒に吊り下げられる収納を利用すると空間を有効に活用できます。吊り下げ収納には、ボックスやラック、ポケットなど、様々なタイプのものが販売されています。

 

ハンガーにかける洋服をオンシーズンの洋服のみに絞り、よく使う小物やバッグを一緒に吊り下げて収納すると、クローゼットの中がすっきりして使い勝手もよくなります。使ったものを元に戻すのも楽になり、きれいな部屋が続きますよ。

 

タンス・引き出し収納術

 

タンスや引き出しの中は、定期的に整理しても気がつくとグチャグチャになってしまっていませんか?そんなタンス・引き出しの収納術をご紹介します。

 

基本は立てて収納

 

タンスの中に物を重ねて収納している人も多いのではないでしょうか。タンスや引き出しの中身は基本的に立てて収納し、寝かせて入れる場合は上に物を重ねないようにしましょう。

 

重ねて入れる事で下の物が取り出しにくくなり、出すときに中身が乱れてしまいます。衣類は並べる・巻くなどして収納、文房具やコスメは深さのあるボックスに立てて収納するか、重ねずに並べましょう。引き出しを開けて、目的の物をひと目で見つけられる状態がベストです。

 

ボックスを組み合わせてカテゴリ分け

 

ダンスの中がグチャグチャになる人は、中に収納ボックスを組み合わせて空間を仕切るのがおすすめ。外から見えないので、空き箱や手作りの仕切りなどでも問題ありません。高さのない引き出しの中は小物トレーを使って仕切ってください。

 

カテゴリごとに入れる場所を分けておけば、几帳面ではない人もグチャグチャに散らかるのを防げます。完璧ではなくても、なんとなく分けるだけで使い勝手が良くなりますよ。

 

シェルフなどの見せる収納術

 

よく使う物やお気に入りの物は、見せる収納にしたいですよね。そこで、シェルフ・ラックなどに見えるように置く時の収納術を紹介します。

 

おしゃれなカゴを活用

 

見える収納には、おしゃれなカゴを活用しましょう。中身が見えないよう、フタ付きのものを選ぶとすっきりします。

 

中身が見えても良い収納には、ステンレスワイヤーのカゴが人気です。ナチュラルな印象にしたい人には編みカゴや麻の布カゴもおすすめ。同じカゴで揃えることで、部屋の印象をガラリと変えることができますよ。

 

オープン収納するものは厳選して

 

見えるように配置するオープン収納、ディスプレイは、置く物を厳選しましょう。物をたくさん置くのは部屋が散らかって見える原因になります。

 

オープン収納やディスプレイをすっきり見せるコツは、ゆとりを持たせること。使用するスペースを全体の7〜8割に抑え、ひとつひとつ間を開けて配置します。オープン収納やディスプレイは物を最小限に抑えることを意識してみてくださいね。

 

すっきり収納して、気持ちよく過ごそう

 

クローゼット・押入れ、タンス・引き出し、そして、見せる収納の3カ所の収納術をご紹介しました。自分でもできそう!と感じませんでしたか?

 

散らかった部屋ではリラックスできず、「片付けなきゃ…」とストレスやプレッシャーのかかった状態が続いてしまいます。ぜひこの記事を参考に収納方法を改善し、快適な部屋で過ごしてくださいね。

関連記事

LAND/ランド |国分寺 ライフスタイル雑貨

LAND/ランド |国分寺 インテリア雑貨

国分寺LANDでは、インテリア雑貨、ライフスタイル雑貨を中心に、アパレルから食品まで、毎日の生活をより豊かにするアイテム達を幅広く取り揃えております。国内外よりセレクトした、珍しいものや上質な物、様々な物語のあるものなど、気持ちをプラスに変えてくれる、自分だけのお気に入りのアイテムを、是非、LANDで見つけてください。

屋号 LAND/ランド |国分寺 ライフスタイル雑貨
住所 〒185-0012
東京都国分寺市本町2-2-1 east201-1
電話番号 042-349-6955
営業時間 11:00~20:00
代表者名 仲山 彈 (ナカヤマ ダン)
E-mail info@landtokyo.com

LAND/ランド |国分寺 インテリア雑貨 国分寺LANDでは、インテリア雑貨やライフスタイル雑貨を中心に、アパレルから食品まで毎日の生活をより豊かにするアイテムを幅広く取り揃えております。国内外よりセレクトした珍しいものや作家物、様々な物語のあるものなど、気持ちをプラスに変えてくれる自分だけのお気に入りのアイテムを、是非LANDで見つけてください。

〒185-0012
東京都国分寺市本町2-2-1 east201-1

JR中央線 国分寺駅直結 改札出口より徒歩45秒

042-349-6955

11:00~20:00 不定休